医者

近年の医学を理解して病魔を倒す|癌の転移は知らないうちに忍び寄る

ガン細胞の移動とは

聴診器

世界的に患者が多く死亡要因としても上位にある癌は、特に転移という現象がその治療の難しさの原因とされてきました。しかし、医学の進歩とともに近年では早期発見・早期治療で転移を予防したり、転移した場合でも容易に治療できるようになりました。癌の転移が見過ごされやすいのは、すでに治療を受けている時ではなく、癌に罹患しているのに治療を行っていない期間です。この期間にガン細胞が増殖し、血液やリンパ液に乗って全身に転移していき、他の部位でも癌を発症します。初期症状は癌細胞ができた位置によって様々ですが、発症段階で治療を施せば転移の心配も最小限にしつつ癌を克服できます。正しい癌の知識を得た上で過度に不安にならず、適切な検査や治療をしっかりと受けるように注意しましょう。

死亡率の多い癌は同時に医学的な研究も盛んな疾患で、常に新薬の開発や新しい手術方法が生み出されており、その中から特に転移に注目した治療法について紹介します。転移は体液に乗って不特定部位に起こるものと従来は考えられていましたが、最近の研究では最初に癌が発症した部位によって転移が起こりやすい箇所が異なるという事実がわかっています。そのため、実際の治療ではガン細胞がどこに移動しやすいかをあらかじめ予想し、その部位に対しても予防的に薬物療法や手術療法を施すことで悪化を防ぎます。このような治療が盛んになっていることを背景に、癌の研究においても臓器や器官ごとの転移先の傾向を調べるものが多いというのが近年の特徴です。近年の医学を理解して病魔を倒しましょう。

心臓の精密検査のメリット

女性患者

心臓ドックを実施する事により、通常の健診では確かめることが難しい心臓の状況を検査 する事が可能な為、心臓の様子を細部にわたって認識する事ができます。ただし、医療機関によってスキル等が異なるため選択は慎重にしましょう。

Read

絶対あきらめないがん治療

病室

横浜クリニックはがんに特化して治療を行うクリニックです。免疫療法をはじめとし様々な角度からアプローチし、寛解を目指すことを目標にしています。無料の相談会も開催されているので、悩みのある方は相談してみることから始めてください。

Read

手術後でも安心はできない

病院

食道がんは手術したからといっても決して安心できないものになっていますので、手術後も油断できません。特に気を付けておきたいことは、合併症です。合併症になってしまうと退院は延びますし、また命の危険も伴います。なお食道がんでもっとも手術の人気が高いのは、体への負担が少ない内視鏡治療となっています。

Read